カテゴリー 《 春 》   全1ページ

2017.06.01     カテゴリー : Web写真展  

定期Web写真展(春)'17

にほんブログ村 写真ブログ 写真サークル・クラブへ

ばくです


- ご挨拶 -
第一回「夢ばくWeb写真展」を開催して早くも丸一年が経ちました。
メンバー各位のご協力により、なんとか二回目の春を迎えることが出来ました(^^)/
この場をお借りして お礼申し上げます。 - ばく -

さて、今回も素敵な意欲作の数々が集合してくれました♪


まずは、主題の「春を感じる」から


『 桜トンネル 』 東京都目黒区目黒川沿い(ボスプルさん)
「目黒川沿いに現れる桜のトンネルは、東京花見ランキング1位に君臨してるだけのことはあります。」
201706WEB01.jpg
川沿いに植えられた桜並木。 見頃の満開を迎え、桜の花びらも水面に舞い落ちると第二幕の主人公に早変わり。
水流や風が織りなす自然の芸術に人々は心惹かれてしまいますね(^^)
厳しい季節が過ぎさり、都会のオアシスに集う人々の喜びに満ち溢れた春らしい一コマです♪


『 春の花 』 クロヴェリ(スドゥーコさん)
「イギリス南西部の海岸沿いにある国家歩道を歩いている時に撮った写真です。
散歩道は、海岸沿いだけでなく森の中や草原も通り抜けるように作られていて、いろんな景色を楽しむことができます。春には、たくさんの野花が咲き乱れ、トレッキングの疲れを癒してくれます。」(上:ブルーベル、下:ワイルドガーリック)
201705Sudoko.jpg
イギリスから日本の春の趣とは一味違った風景作品が届きましたよ(^^)/ 今回はデジカメを壊してしまいスマホ撮影ということで組み写真にされたそうです。
今にも野兎が飛び出してきそうで、寓話の世界みたいですね♪ 下のは、下りの石段に咲き乱れるワイルドガーリックなのでしょうか? 見とれて転げ落ちそう(笑)
木漏れ日の加減や見下ろす構図がとても面白く、勉強になりますね。


『 サクラ 咲く 1f338.png』 長居公園(Mieさん)
「造幣局の桜の通り抜けではゆっくり写真を撮ることができませんでしたが
長居公園では満開の八重桜をひとり占めできました。」(望遠レンズで撮りました)
WEB春
マクロかと思いきや望遠での撮影だったのですね!
望遠は広角に比べて被写界深度が浅く、ボケが大きくなるのですが、その特性をうまく表現できてるようです。
同じ色合いで重なった花びらを撮るのは難しいのですが、バックの淡くボケたグリーンの色合いと相まって
女性の感性を活かした春らしい作品となっています。安定の Mieさんワールドですね(^^)/


『 サンライズ瀬戸 』 荘内半島 フラワーパーク浦島 (三豊市)(カワイさん)
「夜明け前の4:30には三脚が十数台並びました(驚)」
s-IMG_0590.jpg
EOS6D F8.0 1/100 ISO100 24mm
日の出に浮かび上がる瀬戸内の多島美だけでも絶景ですが、それに負けじと咲き誇るマーガレットがため息物ですね♪
早朝に三脚が十数台並んだというのもうなずけます。内、十脚がカワイさんのだったりして(笑)
F値をある程度絞ることにより被写界深度も深くなり、奥まった花も美しくとれていて、気持ちの良い作品に仕上がっていますね(^^)/


『 テントウムシ 』 和歌山県御坊市(わだべんさん)
「ここ数年歳をとって、リードを引っ張る力も衰えてきた相棒「ハル」。草むらでウロウロしているのに付き合って、しゃがみこむと、そこにテントウムシ! まさに毎朝行く散歩の時に、「春を感じる」一時でした。」
s-11080349_702529453190721_8190034069547471245_o.jpg
夢ばくメンバーのアイドル「ハル君」登場~♪ 春を楽しむハル君ってことですね(笑)
ん? テントウムシの前後にはアブラムシも食事中ですね~ 春の訪れとともに生き物たちも勢いづきます(^^)/
雨後なのでしょうか? 葉っぱに乗った水玉が、テントウムシの星模様と共演しているかのようです。。


『 志度寺 』 香川県さぬき市(八十八助さん)
「志度寺を訪れた際、建物の線が織り成す美しさに何も考えずシャッターを切りました。春と言うより初夏を思わせる陽気でした。」
2017春 八十ハ助 白ワク修正版P1040467c
まずはS字に抜いた欄間のようなシルエットが印象的です。屋内の暗さを四角く配置し、額縁効果としてうまく表現されていますね~
八十八助さんが言われるように、写真からは春のイメージが少し湧きにくいかもしれませんね。
八十八助さんの持ち味であるモノクロームな作品では難しい題材だったかもしれませんが、構図の勉強にとてもなりました(^^)/


『 倒されるぅ~ 』 愛媛県西予市宇和(やすろぐ)
「数年前の撮影になりますが、子供の日を前にレンゲまつり開催準備中の大きな藁マンモスと遊ぶお子さんとの1ショット」
宇和町マンモス
DMC-TZ30 F4 1/640秒 ISO100 4mm



次に、チャレンジ題材の「時・刻」です。


『 タイムスリップ 』 徳島県美馬市脇町(ボスプルさん)
「何度も足を運んでしまうほど惹かれるものがあるこの町並みは日本の道百選に選定されてるだけのことはあります。」
201706WEB02.jpg
モノクロ加工と相まって、時を感じさせる作品に仕上がっています。 水も汲み上げることが出来るのかな?
取っ手を動かすたびに聞こえるリズミカルに刻まれる音をも想像でき、確実に刻まれ過ぎ去る歴史とのコラボ表現を意図されてるのかもしれませんね(^^)


『 ゴールデンタイム 』 三本松港(カワイさん)
「釣り人にも最高の時間のようです。」
s-IMG_1464.jpg
EOS6D F16 3.2秒 ISO100 300mm
朝まずめ・夕まずめは、釣り人にとっても ゴールデンタイムですね(^^)/
この時間帯は、魔法のように幻想的な写真が撮れてしまうことから、マジックアワーともよく言われています。
強い光源が無く、色相が優しくなりますね(^^) やはり写真は光が大事だということでしょうか。。


『 サイケデリックアート 』 宇和島城(やすろぐ)
「自然石をそのまま積み上げた石垣工法の野面積み。 雨後だったせいなのか時を感じさせる苔が極彩色に現れ
まるでサイケデリックアートのよう。」
P1060225_b.jpg
DMC-TZ30 F3.3 1/13秒 ISO400 4mm



- お知らせ -
いつも素晴らしい作品を提供していただいていたUPさんが、都合によりメンバーから外れることとなりました。
これからは、サポーターとしてご意見だけでも頂けると心強いですね。 ありがとうございました。



元気応援ポチも
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真サークル・クラブへ
にほんブログ村

2016.06.01     カテゴリー : Web写真展  

夢ばくWeb写真展 2016 - 春 -

にほんブログ村 写真ブログ 写真サークル・クラブへ

ばくです。


- ご挨拶 -
慌ただしい準備期間の中、メンバー各位のご協力により
第一回「夢ばくWeb写真展」を無事開催するに至りました。
この場をお借りして御礼申し上げます。 - ばく -


さて、今回は『春を感じる』を主題として作品募集しておりましたが
素敵な作品たちの共演となりましたよ^^
[F11]キーを押して表示画面の上下を広げて頂くと作品鑑賞に適した広さになります。(もう一度押すと元に戻ります)


WEB6-1.jpg
『見えるかな? 』 四天王寺(大阪市天王寺区 (Mieさん)
「桜を撮りに行ったら、雨がぽつりぽつりと降って来ました。
そんな中、水滴のついた蕾を見つけ、思わず写真を撮りました。
水滴・・・見えるかな?
雨の日の撮影も、こんな出会いがあって楽しかったです。」


今回は露出違いの2枚を送って頂きました。
花びらの水玉が見えにくくはなりますが、Mieさんらしさが表現されている明るい方の作品を選びました。
もう少し蕾を大きく写しても良かったかもしれませんが、女性らしいやわらかな雰囲気で春のイメージにピッタリですね♪





『春告草』 愛媛県伊予郡砥部町七折梅園 (ボスプルさん)
「愛媛県では言わずと知れた梅の名所で菜の花とのコラボがとても美しかったです。」
2016春写楽01
花on花はゴチャゴチャしやすく難しい被写体なのですが、上手くバックの菜の花をぼかし主役の梅を際立たせています。
セオリー通りの枝を平行にした構図で安心感がありますが、若干 左の空間を取りすぎた印象です。
元気の出る黄色と春の日差しで、寒い季節から解き放たれたワクワク感を感じる作品ですね♪



2016八十八助 サツキ 025bb
『サツキ』 丹波 (八十八助さん)
「この花は父が愛していた色どりのもの。
父も五月生まれだったので思い入れがあったのかもしれません。
生々しさが抜けるような画像加工を試しました。」


文面からお父様はご逝去されてるのでしょうか?
作品とコメントから、お父様への感謝の気持ちがひしひしと伝わってきます。アサヒビールを愛飲されてたのかな?
画像加工をされてるということですが、色温度を下げられてるのでしょうかね? 感慨深い作品に仕上がっています。
コップを通して収束された光がアイキャッチとなっていますね。





『同行三人』 高松市 (UPさん)
「新緑の下、背中のお大師様と三人連れのお遍路さんはどこか足どりも軽く見えました。」
2016 UP 同行三人  IMG_2019
手前の楓がお遍路さんを見守っているかのようで温かさを感じる素敵な作品ですね^^
人物をぼかすことによって想像力を刺激し、物語性をも感じます。
手前だけにピントを合わすことによって作品全体が新緑に染まって見えてしまうのが不思議です♪



『わすれな草』 青森県 (ラブママさん)
「父の命日(4/1)を忘れないために植えました。」
「そんな特別の日忘れる人って..忘れる人って....」 by皆さん心の声
「いる!」 by皆さん

011.jpg
ブルーの花びらが、涼しげなイメージとともに神秘さをも感じさせる作品となりましたね。
「私の写真は小さい方が皆さんの目に優しいので」って事で、最初は小さめのサイズを送っていただいたのですが、ここは大きめサイズで勝負して頂きました(笑)
次回はしっかりとピントを合わすことを頑張りましょう。。



『ブルーベル』 シルバーストン (スドゥーコさん)
「世界に咲くブルーベルのうちの70~80%が英国に存在すると言われます。
ほのかに香る、この青い花の絨毯を見ながら散歩をすると、さまざまな小鳥の声に混じってカッコウの鳴き声が響き、ああ、やっと春が来たなぁと感じます。」
201605Sudoko.jpg
イギリスから素敵な作品が届きました♪ まるでピーターラビットの絵本の様な風景ですね。。
日本でいう春告げ鳥のウグイスやメジロの様な小鳥のさえずりなのでしょうか? カッコウの鳴き声も聞こえてくるようです。
全体的に靄がかかったように見えますが、それがまた春を感じさせる要因の一つかもしれません。
欲を言えば、もう少し主役のブルーベルを広く見せるようにすると良いかもしれませんね^^



『ヤッホー♪』 徳島県美馬市 (カワイさん)
「脇町潜水橋そばの菜の花畑です。 最高の青空と見渡す限り一面の菜の花に癒されました。」
s-IMG_0014.jpg
【EOS60D F8.0 1/125 ISO100 10mm】
どこまで続いてるの!? っていうくらい広大な眺めですね♪ 花粉症じゃなかったら黄色い絨毯に飛び込んでみたい(笑)
撮影データも記して頂いてたので付記させていただきましたが、さすが10mm広角になると広く写しこめますね~
それに奥行きのある菜の花畑では、F値もこれくらいにした方が被写界深度が深くて見やすいですね^^



『蓮池にて』 和歌山県 御坊市 (わだべんさん)
「毎日散歩に行く近所の蓮池です。5月、まだ花のない蓮池の、水面に近いところで、羽化したばかりのトンボを見つけました。
羽化後間もなかったためか、カメラを近づけても逃げられませんでした。」
s-037.jpg
これは綺麗に羽化直後の弱々しい羽の質感まで表現されていますね~
ギンヤンマのメスでしょうかね? 生き物撮影時の基本となる目にピントを合わせることもバッチリです^^
それにしてもよくアップで撮れましたね! 蓮の葉に転がる水玉と水面のぬめる?様な質感も良い感じ♪



『独り占め~シュワッチ!』 愛媛県大洲市フラワーパークおおず (やすろぐ)
「ポーズを決める男の子。春の訪れとともに咲きこぼれる花々を目の当たりにすると、誰しもテンションあがりまくり♪」
フラワーパークおおず
【NIKON D5200 F3.5 1/320 ISO100 18mm】
広がりのある、人柄の大きさも感じさせる作品です。 チューリップの咲いてるラインのエッジがきいてていいと思います(^^)/
少年のポーズは残念ながら見えませんでした。この名脇役君を大きくしてもいいかもです。(講評・UPさん)


元気応援ポチも
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真サークル・クラブへ
にほんブログ村


プロフィール

ばく

Author:ばく
ギャラリー管理人

検索フォーム


作品アルバム